BELLライフ

宗教に洗脳された毒親で育った私の話

毒親」という言葉が知れ渡って久しいですが、あなたの親は毒親ですか?それとも素敵ペアレンツですか?

親に精神的にも肉体的にも傷つけられた経験がある人は意外にも多いのではないでしょうか?

子どもの頃から絶対的な存在である親の呪縛から逃れられず、親のせいで性格や人生設計が狂ってしまった!なんてことありますよね。

私はそう思って苦しんできた一人です。宗教家の母親のせいもあって、闇は結構深かったと思います。

人格形成や人生にまで影響を及ぼす毒親。私の経験談と私が実践して成功したそれから逃れるセルフマインドコントロール術を一部だけですが紹介したいと思います。

※ごめんなさい、20年苦しんだので1つの記事ではまとめられませんでした!

父親のDV問題

キレるスイッチが分からない

私の父は酒乱ではないのですが、アンガーマネジメントができない人でした。

キレる」というやつで、いつスイッチが入り怒りだすか分からないので、子どもながらにいつもヒヤヒヤしていたのを覚えています。

床に寝ていた父親の上に座っていた時、間違えてどこかを踏んでしまったようで、相当痛かったのか、足の甲にタバコを付けられたこともあります。

母親への暴力

夜中に起きてみると母親が殴られている、ということがよくありました。

大人になってみて振り返ると、母親にも悪い所はあったのだと分かりますが、当時は「弱い母を傷つける悪人」という目で父の事を見ていました。

髪の毛を掴む、家の隅に追いやりメンチ切る(ダサ(笑)←当時は笑えない。多分今も笑えない)、膝蹴り、包丁持ち出すなど・・・

大した事ないと思うかもしれませんが、小さい子供にとってこれらは非常に恐ろしい光景なのです。

これ以上を見ている子どもがいると思うと心が痛みます。

こんな風な環境で育ったので、小学4年生で既に

「将来弁護士になって、父親に不利な証拠をいっぱい集めて母親が有利になるように離婚させてあげるんだ!」

「いつか何か十分な事をやらかしたら刑務所に入れるんだ!」

と法学部を目指し、実際後に法学部にも入学しました。(途中で彼らは離婚されたので退学しましたが。)

勉強のモチベーションアップになった事は良い事だったかもしれません

身勝手なしつけ(躾)

父親は仕事から帰ってきた時に母親が私に怒鳴っているのを心底嫌いました。

こちらからすれば母親からも理不尽な理由で怒られていたので、Wパンチなのですが、父親からも「疲れてるのに怒られる様なことしやがって」と更に怒られました。

5歳くらいの時には既に躾と称する暴力には多少慣れていたので、「こんな悪い子は捨ててくる」と言われて抵抗してシンクにしがみついた時に足を持たれて体が横になり「私いま鯉のぼりみたいだな!」と思ったのを今でもハッキリ覚えています(笑)

それでも、父親への信用はゼロでしたし、イカれた人だと思っていたので、本当にどこかに捨てらると思い、走行中の車から飛び降りて家まで走って帰りました。

スポンサーリンク

宗教家でプライドの高い母親の問題

宗教の洗脳・マインドコントロール

私の母は宗教家の2世でした。祖母が始め、母、そして有無を言わさず私も生まれたときから入会させられていました。

母は出身地から離れて暮らしていたため、宗教グループの付き合いが唯一の心の拠り所だったのかもしれません、どんどん宗教にのめり込んでいきました。

※ここでは宗教に関しての詳しい話は割愛させていただきます。

母は、宗教グループのリーダー的存在だった方とかなり親しく交際しており、親子の相談ごとも全て彼女に話していました。

そんな母から返ってくる言葉は全てその方の受け売り。それどころか丸っきり同じ、母親と話しているという親子の絆は全く感じられませんでした

シングルマザーになった妹の子供が生まれたおかげでバラバラだった家族が「家族一丸となって協力しあおう!」となりかけていた時も、宗教家の家に入り浸り、家族が家に居るにも関わらず、宗教家リーダーの家に子どものベビーシッターを頼む始末。

結局それが大きな最終的な決め手となり夫婦の溝が悪化、両親は離婚しました。

オンナとしての母親

母親はプライドの高い人でした。

父親が月収手取りが7万円だった時代に20万を稼いでいましたし、自営業で優しい祖父のおかげで一人娘だった母は割と裕福な家で育ったようです。

寿退社で父の給料だけで生活した後もデパートでよく買い物していましたし、私の着ていた服はブランド物ばかり、生活は相当厳しかった様です。

そんな母は私達が大きくなるにつれてプライドの高い女の顔も見せ始めました。

私が若い時は~~よくしたけど、アンタたちは出来ないもんね
今の子達ってマニュアル運転できないもんね

アンタたちが出来ないと言っている事を自分が禁止しているだけだし、マニュアル車を運転できないから何なんだよ!

私の現在の旦那を紹介した時も、「目つきがキツくない?大丈夫?」と初対面で言われたので、「彼の性格も知らないでいちいちウルサイ!笑顔は優しいから」と言ったら

まぁ私が最近仲良くしている人もニコってとっても優しく笑うけどね、ハゲてるけどぉ~

と言われて、交際の事や男性の事はハッキリ言わないでやたら臭わせてくるだけで、ことごとくこの人って競争したいんだな~と呆れました。

こういう小さな事が一緒に居ると、会話していると大量に続くのです。だから一部しか紹介できないんですが・・・すみません。

宗教観を理由にした虐待

宗教家リーダー(グループ内の)は全ての理由を宗教と結び付けて説教する人でした。

例えば

  • リーダーの家に誘われて断る
    心が汚いから見透かされるのが怖くて私に会うのが怖いんだろ!
  • BELL様のビデオと冗談で書いたビデオテープタイトルを見て
    傲慢さが表れている証拠!
  • 宗教の会合での発表練習時に元気がない
    宗教に関する事で元気・大きい声出ないなんて信仰心がない!
  • 同じく会合での練習時に(前回怒られたので)元気にする
    私の旦那が寝ているのに大声で何?優しさがない!それでは宗教の役に立たない!

もう何個でも出てきますが、これだけでも「は?」というものばかりですよね。

こういう小さな事を見つけては怒られていました。

私は、理由に納得が出来ない事には納得できるまで質問してしまう子どもだったので厄介がられたんでしょう。

平手、グーパンチ、髪掴まれて振り回される、お腹に馬乗りで目が内出血するまで殴られる

ことが日常的に行われていました。

それを母は「うちの子の事を思って叱ってくれて本当ありがとう」と感謝すらしていました。

スポンサーリンク

そんな毒親たちから逃れる方法!

そんな暗い宗教や毒親の話をしてもつまらないですし、話が膨大すぎて終わりそうにないので(笑)

毒親たちから逃れる方法の話に移っていきましょう!

  1. 誰かに助けを求める!相談する!
  2. 家に居る時間を少なくする!
  3. どんな手段を使っても良い!家から出る!
  4. 連絡は最小限にすること!シカトは愛だ!

詳しく説明しますね!

誰かに助けを求める、相談する!

もし、毒親で悩んでいたら、誰かに相談してください

もし学生だったら、こども110番なんていう子供専用の無料のサービスがあります。18歳まで使えます。(日本のみのサービスです)

≫子ども110番

メールでも受け付けているようですが、返信に3~5日かかるようです。

24時間SOSダイヤルならばその場で繋がって話す事が出来るので急ぎの場合は電話をしてください。

24時間SOSダイヤル
==>0120‐078310

 

小学生の時、家でかけるとバレるので、何度も公衆電話の前で毎年学校で配られる子ども110番のカードを握りしめて立っていました。

一度オペレーターに繋がったのですが、怖くなって切ってしまいました。

なぜ怖かったのか考えたのですが

  • 母親と宗教家リーダーからの報復が怖かった
  • 宗教家リーダーの話をしたら母親の話もしなければならず、母親も逮捕されたり悪い人になってしまうのではないか?と怖かった

のが大きな理由です。社会福祉施設で働く、資格のある友人に話をしてみたところ、虐待経験者の子供は全てこのような理由で相談を躊躇ってしまうそうです。

妹にも「あれはお姉ちゃん虐待されてたよ」と言われるので、たぶん私は虐待されていたんだと思います。

でも、私は誰にも相談できず、助けてくれるのを待ってしまいました。

その結果、家を完全に出るまでの20年間、親と同じ屋根の下で暮らし続け苦しむことになったのです。

家に居る時間を少なくする!

学生時代はとにかく学校にできる限り居残っていました。

予習や復習、テスト勉強も全て学校でやりました。高校時代は8時くらいまでは残らせてもらえたので、家に居る時間はお風呂に入って寝るくらいに済ませることが出来ました。

大学生になってからはバイトをするようになったので、バイトと学校で時間を潰して、飲み会などでストレス発散していました・・・

飲み会で酔っても解決しないのでオススメしません・・・

どんな手段を使ってもいい!家から出る!

出来る人は今すぐ、家を出てください

私が実際にしたこと

  • 高校時代彼氏の家に入り浸り数か月不登校になる
  • 大学で出会った一人暮らしの友人の家に泊まろうとする
  • バイト先で出会った友人とルームシェアをする
  • 大学生では自立できない!=家から出られない!大学中退!
  • とりあえず結婚

今幸せです!

私は高校時代、年上彼氏の家に入り浸り、学校も行かずその人の家に引きこもっていた数か月があります。

当時はそんなつもりはありませんでしたが、きっと利用していたんですね。逃げ場を探していただけなんです。

友人とルームシェアしたこともあります。

でも、ルームシェアはまた違ったストレスやトラブルが起こる危険性もあるので、悩んでいる人は今すぐ家を出ることをオススメします

大学在籍中に両親が離婚したこと、母親との関係悪化でもう母親の為に法律家を目指す意味を無くしてしまったこと、学生で自立が難しいことなどから大学を辞めてバイトに専念しました。

大学生で居る限り、十分なお金を稼げず、自宅に居候の身。

一人暮らしをするのにも仕送りや契約書の保証人など親のスネをかじっている内は大口叩いてはいけないというプライドもあり、大学をスッパリと辞めました。

そのちょっと後で、当時付き合っていた彼氏(元夫)がアメリカ人で軍人だったので、「大学も辞めて居場所がないならアメリカに帰る前に結婚しよう」と言われて、断る理由もなかったので結婚してしまいました。

そんな結婚は長く続くはずなく離婚しましたが

でも、その結婚のおかげで、トラブった友人とのルームシェアからも毒親からも完全に抜け出すことが出来ました!

綺麗な形でないのは分かっています。

でも、一度毒親から完全に離れるキッカケを作ってくれた私にとっては大切なライフイベントでしたし、今でも後悔はしていません。

連絡は最小限にすること、シカトは愛だ!

「親だから大切にしなければいけない」「こんな親だけど親だから・・・」「親子仲良くできたらどんなにいいか・・・」

と思っていませんか?

私も母親と仲良くしたい願望は今でも持ち続けていますし、こんな親でも親は親。親孝行をしたいな。とも今では思えます。

でも、親の呪縛から自分を解かなければ、自分の人生が狂わされて終わるだけです

それでも、親に対する愛情は悲しいことに消えてはくれないので、親子の関係をこれ以上悪化させないためにも親子間のトラブルを自分で防ぐことが必要になってきます。

それがシカトなんです。だからシカトは愛なんです(笑)

親を大切にするのと、親のために生きるのは違います。

あなたはあなた自身の為に生きるべきだし、あなた自身を一番に大切にして良いんです!

親がこう言うから・・という理由で行動したり、しなかったりは今すぐ止めて「私はこうしたい」という自分の気持ちに正直に生きましょう!

親が何か言ってきても、気にしないようにしましょう

といっても、そんなの簡単にはできませんよね。

私もそうです。いつも反応して口論になって嫌な気持ちを何度も経験して、それでも「母親だから」という理由だけでまた歩み寄って傷ついて失敗していました!

でも、大丈夫です。反論したり、相手にするのを止めてみましょう。

シカトです。(笑)

例えば、電話はなるべく出ないのもオススメです。電話だとお互い感情的になって傷つく率が上がるからです。

メールやチャット機能(LINE)などで連絡をするようにして、もしイラッっとくるようなことを言われたり、感じたりしたら、信せずそっと閉じましょう

そのうち嫌な事は忘れてしまえるようになります♪

  • 電話はしない!
  • 嫌なメールなどには返信しない!
  • 必要なこと以外は相談したり話したりしない!

さいごに

私は現在アメリカで自分自身の家族と共に生活しています。

親からは年に数回しか連絡は来ませんし、よほどの事がない限り私から連絡はしません。

渡米する時も何も伝えず来てしまいました(笑) 

日本に居た時でも住む家が違うだけで連絡することもなくなり、産後も両親の世話になることなく自由にできたのでかなり快適でした。

いまだに電話やメールで話してしまうとイライラしますが、そんな時は紹介した技術を使って、自分の怒りや感情をコントロールするようにしています。

毒親に言い返しても口論になり嫌な思いが増すだけですし、お互いにヒートアップして傷つけあうのもよくないです。

「お互いのため」と思って親との関係を断ち切る期間を設けたり、距離をもって接することが毒親から逃れて幸せになるコツです!

すっぱり縁が切れないけれど毒親に困っている人は、罪悪感を感じることはありません

みんなやってるから大丈夫だよ!というこの声が届くことを願っています!