お金

在米主婦のお小遣い稼ぎPlasma Donationが超稼げる!

こんにちは。今日は在米主婦に知って欲しい、Plasma Donationのお話。

・アメリカ在住
・ちょっとお小遣いが欲しい
・副業を探している
・そもそもボランティアに興味がある
・Plasma Donationて何?
・明日すぐお金が欲しい($80)

そんなあなたに読んで欲しい記事です。

私もつい昨日知って、今日$80を頂いてきたので、体験談なども含めて紹介していきます!!

Plasma Donation=血漿成分献血

私が今回紹介するのは、Plasma Donation、つまり、日本で言う「血漿成分献血」のことです。

日本に居る時から、献血バスを街中で見かけたときには献血をするように心がけていましたが、ここはアメリカ…

「どのオフィスに行けば良いか分からないし…」「無償で提供するために何十分も車を走らせるのはちょっと‥‥」などと今まで献血を出来ずにいました。

しかし、昨日たまたま見かけたツイートでアメリカに全国展開する献血センターを見つけたんです!

しかも、献血で$700貰える!というではありませんか!

今回は私が登録したBioLife献血プログラムについて紹介します!

Plasma Donation成分献血の流れ(初回編)

昨日BioLifeの存在を知り、慌てて登録した私でも今朝のアポを取ることができました。

オフィス(センター)はとても大きいので、沢山のベッドで同時に沢山のドナーを受け付けることができるようです。

近くにあるかサイトからも簡単に調べられるので調べてみてくださいね♪

米旦那
米旦那
もちろんGoogle mapでBioLifeと検索してもOK!
BELL
BELL
それでは体験した具体的な流れを紹介します!

1.受付

おでこで検温、コロナに関する質問事項に答えたあと、アカウントを登録します。

指紋を撮ったり、プロフィール写真を撮ったりするので、お化粧はしていくことがオススメ。

最初のアポイントには写真付きID・ソーシャルセキュリティーカード・住所の証明になる郵便物など(自分の名前宛)を持っていく必要があります。

私は郵便物を忘れてしまって焦ったのですが、確認されることはありませんでした!

ちなみに、最後に私は~~~~に同意しますというような文章を音読させられるので、英語が読めない人には少し大変、というか恥ずかしいかもしれません。が、簡単な文章なので心配はいりません♪

BELL
BELL
電気代Bill等はオンラインで確認も出来たりしますので忘れても焦らないでOK!

2.血液検査

受付が終わるとドナー希望者の血液がドナーとして使用できるかの検査をします。

指に少しだけ針を刺して血液を採取、色々と数値が〇~〇までならOKと説明してくれますが、「は、はぁ。」という感じでとりあえず数値内なら健康なんだろうな、と思って聞けばOKです(笑)

体重も測りますが、ダイエットは禁物(笑)献血をするのも体力が要りますから、健康体で臨みましょう!

3.パソコンの前に座り質問に答える…

これが一番大変な作業でした。

沢山の質問に答える作業なのですが、Do you have any question about———–と内容を読んでYes、No、Not sureと答えなくてはならず、スキップはもちろんできません。

もう終わらないのかな…こんなに長いの?うそでしょ‥‥と思った頃に終わります(笑)

ドラッグ・タトゥー・薬・持病・SEXに関する事柄や献血に関するリスクや理解を確認する内容でした。

4.フィジカルチェック

質問が終わったらナースと個室でフィジカルチェックをします。

心音や肺の音、目の瞳孔を確認したり、医療的なチェックが行われて、3.で行った質問の答えに沿った質問がされます。

この時に何かクーポンがあるか聞かれましたので、受付で聞かれないことに焦る必要はありません(笑)

そして、最後に報酬金の受け取り用Debitカードと新ドナー用パンフレット、紹介カードが渡されます。

 

5.いよいよ献血

全てのチェックアップが終わると、すでに予約時間から1時間…予約時間より15分程度早めに受付したので、1時間以上です…

終わった頃には献血の順番を待つ人達の列ができていたのですが、心配無用!

普段はこの列に並ぶけど、君はもうずっと長くここに居るから今日は特別に一番最初まで行っちゃう!と看護師さんに連れられてベッドに直行できました!

そこからはベッド椅子のような形の椅子にS字の椅子に座って献血をします。

血が流れるようにグーパーグーパーをしてね、と言われるのですが、少しグーパーが遅くなるとすぐアラームが鳴って止まってしまいます。

1時間以上グーパーするのはちょっと大変です(笑)が、これもお金のため。いや!私の血を必要とする人のため!

血を抜かれるので寒く感じる事もあります。ブランケットなどを持参するのも良いと思いますよ♪

6.15分休憩

献血が終わった後は15分しっかりタイマーをかけて椅子で休みます。

そのあと家に帰る事ができます。

最後ドアを開けて外に出る瞬間まで2時間30分~40分程度でした。

人が少ないタイミングで行けばもう少し短時間で出来るのかもしれませんが、行くまでそんなことは誰にも分かりませんし、初回はなるべく時間に余裕を持っていくようにしましょう。

BELL
BELL
2回目以降はフィジカルチェックが無くなります
米旦那
米旦那
他も短縮されるから短時間で出来るようになるね
BELL
BELL
てかアンタもやりなさいよ

献血で報酬金が貰える国アメリカ

日本では、献血のお礼にくれるお菓子やカップヌードルで喜んでいた…なんて人も多いのではないでしょうか?

でも、献血でお金が貰える!なんてことはありませんでしたよね。

BioLifeの献血では、毎回献血をする毎に報酬金が貰えて、健康体を持つ在米主婦には最高のお小遣い稼ぎになり得るんです!

新規登録で700$の報酬ゲットのナカミ

日本とは違い、アメリカでは1週間に2回(1日空ける)成分献血をすることが出来ます。

1週間に2回を4週間で8回。内訳は下の通りです。

1.80ドル
2.80ドル
3.80ドル
4.80ドル
5.90ドル
6.90ドル
7.100ドル
8.100ドル

1週間に2回目の2回目は1日空ければいつでもできますが、1週間の区切りは、1回目の曜日から始まるので、例えば木曜日・日曜日と献血した場合は次の木曜日まで献血は出来ません。(ナース談)

$700ゲットできるコード

献血にも報酬にも興味がある!今すぐやりたい!という方はBioLifeのアプリをダウンロードしてください。

BioLifeにドナー登録をした後に自分のアカウントからプロモコードを入れることでこのスペシャルレートを手に入れることができます!

コード:DONOR700

実は、BioLifeのサイトにはこのページをプリントアウトして持っていくかダウンロードしてこのDealをゲットとあるのですが‥‥

アプリなら事前に確実にDealがアカウントに反映されたことを確認できますし、何しろ紙・インク代を節約できます(笑)

プリントしたクーポンを持っていく場合、初回のカウンセリング・フィジカルチェックの際にクーポンがあるか確認されますから、受付で確認されなくても焦らなくて大丈夫ですよ♪

BioLife登録ページ

BELL
BELL
私は焦ってアプリでコードを入れたんですが…その必要は無かったんですよ…フッ

既存ドナーも大丈夫$700貰えるチャンス

既にBioLifeで献血をしたことがあり、アカウントがある方でも、過去6ヵ月に献血記録が無い方には特別にお帰りボーナスが貰えちゃいます!

新ドナーと同じようにアプリの自分のアカウントからコードを入れるだけ!

コード:MISSU700

もちろんサイトのページをプリントアウトして持っていく方法もできます→こちらのページをプリント

普段の報酬制度は?

これはBioLifeの2019年のFacebookポストから借用したものです。

しかし、今日もこのサインが受付を始めとする至る所に置かれていたので、この制度は変わらず採用されているようです。ごめんなさい、確かではないです。

毎週2回の献血をずっと続けていけば1週間に90ドルの収入。1回1~2時間程度で90ドル貰えるんです。

しかも、この「仕事」の良い所は報酬が貰えるだけでなく、人の役に立てること…。控えめに言っても「最高」なんです。

報酬受け取りカードのポイント

報酬の受け取りには、このデビットカードを使用します。

報酬の受け取り

12時にオフィスを後にして、12時20分には残高が$80になっているのを確認しました!

オフィスにいる間も携帯を使う事は出来るのですが、献血が終わるまでアカウントを確認することをすっかり忘れていたので、現在の確認済み最速報酬は、献血後すぐ。

次回は献血中にアカウントをチェックしてどのタイミングで報酬が送られるのかチェックしてみようと思います!

使い方

普通のデビットカードと同じ様に使う事ができます。

同封されている規約等にも書いてあるのですが、ATMで現金として引き出すことなども可能ですが、銀行発行ではないので色々と手数料がかかるのが気になります。

銀行の口座にもTransfer出来る、との記載があったのですが、手数料一覧を見る限り手数料がかかると解釈したので、このままDebitカードとして使うことにします。

元々はドネーションに対して頂いた報酬が少し減るだけなのですが、お金はお金、無駄なコストは省きたいですよね。

カードをActivteした後にカードのWebsiteで会員登録をすると残高を確認したり、銀行アカウントにTransferしたりと細かい作業が出来るようになります。

カード残高確認方法

超面倒くさがりな読者さんに朗報です(笑)

このデビットカードのアカウントにアクセスしなくても、BioLifeのアプリ内で残高を確認することができます!

しかも、しかも、しかも!BioLifeのアプリはIDやpasswordを保存しておくことで毎回入力しなくても自分のページをすぐ見ることができるので本当に便利で使いやすい!

面倒臭がりの私はここの部分にかーなーり感動しているのであります!!!!

報酬カード絶対に気を付けて欲しいポイント・注意点!

このカードにはメンテナンスFeeと称する手数料がかかるという規約を見つけました!しかも、$3/月と割と高め…

この手数料を回避するには

  1. money has been added to your card in the preceding 90 days
  2. your card has been used to make a purchase in the preceding 90 days

だそうで、献血とカードを使用したショッピングを適度に継続する必要がありそうです。

定期的にカードを使うために、このデビットカードを家計デビットカードの代用として使い、ジョイントアカウントから同じ額を私のアカウントに移動させる予定です(笑)

BELL
BELL
というかもうTransferさせましたw
米旦那
米旦那
くっ!早い!

新規ドナープランが終わってもお得に献血するには

今日、BioLifeでの献血経験者ニコニコな婆(ババ)さんからとても有益な情報を頂いたのでシェアします。

このツイートで分かる通り、BioLifeは定期的にキャンペーンで献血者を増やす取り組みを行っているようです。

もちろんいくらでも貰えることは嬉しいのですが、$80が$200になったりしたらやっぱり嬉しいですよね(笑)

新ドナーキャンペーンで止めることなく、定期的にメールBOXを確認して、献血を副業くらいの意識で取り組んでみてはいかがでしょうか。

人のため、自分のためになる最強ドネーションですよ!

BioLifeドネーションで更に報酬を得る方法!

BioLifeにはお友達紹介システムがあります!

例えば自分が先に登録して、旦那さんを紹介、旦那さんが2回目の献血を終えた時点で自分のカードに$100の追加報酬を得る事ができるんです!

しかも、こんな可愛い紹介カード!紹介するのが楽しみになるデザイン!

献血ってどこか悲しい暗いイメージがあったのですが、とても明るいイメージに変わりました!

もし、まだドナー登録していなければ、今回の記事のTip程度に私のReferを利用してもらえたら嬉しいです。

紹介ページをプリント&記入して持参するか、プロモコードに“98382”を入力してください。

これを使っても$700報酬は変わりません♪

\ERICA KELLERです/
紹介ページをプリント

米旦那
米旦那
あーあぁ、本名言っちゃったよ

この記事で本当に伝えたい事

ここまで、「どれだけのお金がこの成分献血で稼げるのか!?」という下世話な話ばかりしてきました…

勿論、今まで無料でしてきた献血という行為に対価としての報酬が貰えるという事実は嬉しいことです。

アメリカ人でも知らずに無料で寄付していた人は沢山いるようですし、決して悪い情報ではありません。

でも、私が本当に伝えたいのはそんな事では無いんです。

血漿成分献血Plasma Donationで助かる命があること

カウンセリング・フィジカルチェックアップの際にもらえるパンフレットや、BioLifeのサイトでは成分献血で集められた血液が(というかその成分が)どのように使われているかを知ることができます。

今までただ緊急時の輸血としての血、大きな病気を持った人が何らかの形で体内に入れる?Eいうような漠然とした「イメージ」しかありませんでした。

血漿成分がそういった病気への薬を作るために使われるなんて知識は全く持ち合わせていませんでした。

医療技術が発展してこういった成分を必要とする病気を発見できるようになったこと、この成分が効果的だと分かったことなど様々な理由を背景に、血漿成分の需要は日々急速に高まっているらしいではありませんか!

輸血者の声

実は、私のInstagramフォロワーさんに、血漿成分献血の利用者さんがいらっしゃいました。

彼女の名前は@makotokfさん。なんと、私が献血を報告したストーリーに感謝の気持ちをわざわざメッセージしてくださったんです。

その一部を本人の許可を得て掲載したいと思います。

プラズマ献血、ありがとうございます!!
実は私も、免疫グロブリン療法や血漿交換輸血のお世話になってこそ、生き延びることができる者のひとりです。本当にありがたいです。

私が今日の$80の報酬につられてやったことが、こんなにも感謝されるなんて…

私はもう毎週とかではなく、免疫抑制剤などを併用して、ある程度は安定させられるようになったのですが、それでも緊急時は速攻でプラズマ輸血のお世話になるのは変わりません。

私達にとっては本当に、みなさんのプラズマ献血は当に命綱なので、こうして協力してもらえるのは感謝しかありません。ありがとうございます

利用者の感謝の声~なんて、よく目にしたりはするものの、実際に本人から直接感謝されたのは初めて…

私は渡米してからというもの、新しい国だから~どこに行ったらいいか分からないから~などと理由を付けて真剣に探さなかったことを反省しました。

そして、すぐに行動できた理由が$700だったことを恥ずかしくさえ感じました。

というか、人から感謝されるってこんなに嬉しくて、胸が熱くなるものなんだ!と改めて感じることができました!

お金まで貰ってるのに、人からこんなに感謝されて、やらない理由はない!と思います。

ご自身の体調などを十分考慮して、無理なドネーションは避けましょう。

今すぐに出来る最高ドネーション

ドネーションの報酬化に対して様々な意見があるかもしれません。(無いかもしれませんw)

が、結果的に、多くの人に成分献血が知れ渡り、どんな理由であれ、必要としている人に血が届けばWIN WINなのではないでしょうか。

@makotokfさんをはじめとする輸血側の人達は皆、お金もらって献血しやがって!なんて思っていないはずですよね。

@makotokfさんも仰っていたのですが、こういった血漿成分献血/Plasma Donationに関する情報は日本なら尚更情報が少ないんだそうです。

アメリカでも、自ら求めていかない限り、その地で生まれ育ったわけでもない外国人なら尚更、そういった情報を見つけ出すのは困難でしょう。

  • 献血はしたいけれどどこに行けばいいか分からない
  • お金が欲しい

どんなキッカケでも良い。アメリカで献血を出来るポテンシャルの人にこの情報が届いて欲しい。そんな思いで、初回献血から帰ってすぐ、急いで当日に記事を書いています。

献血が出来るところはBioLifeだけでは決してありませんが、今回はBioLifeのお話。

BioLifeが近くにない方のために紹介できるよう、いくつかの献血組織も調べておきます。

また、ご存じでしたら教えてくださいね。

ではまた。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です